グループディスカッション

違いについて

従来型うつと新型うつの違い

昨今、若い世代に「新型うつ」が急激に増えています。従来の「鬱(うつ)」と「新型うつ」との違いは何でしょうか。 まずは「うつ」そのものを知る必要があります。うつとは気分障害の一種で、慢性的に気分が憂うつになり、何事に対してもやる気が出ない状態が長期間続く精神疾患のことです。どういう方がなりやすいかというと、いわゆる日本人の美徳とされる「生真面目」「几帳面」「責任感が強い」性格であるとされています。現在の豊かで便利な日本の社会はまさにこういう方々によって築かれ、支えられていると言えるでしょう。 新型うつの場合、20代から30代の若者に多く、状況を限定にして(仕事など)うつ状態になり、帰宅後や休日などは発症せずに行動できるのが従来型と違う点であります。不本意な仕事のストレスや自分を受け入れられていないと思い込んでしまうのがきっかけで発症し、会社や上司のせいにする傾向があります。

患者への接し方は信頼関係を築くこと

「完璧主義で自己に厳しい」従来型に対し、「自尊心が強く傷つきやすい」のが新型の特徴であり、実際に周囲からは甘え・我がままと捉えられ、理解を得られずに苦しんでいる方が多いのです。 新型うつの患者の接し方としては、一方的に叱りつけたり、甘え・我がままと決めつけないことです。話をよく聞き、患者の思いに気づき、信頼関係を築くことが重要です。主治医と相談しながら、できる仕事を任せて見守り、達成すれば評価(褒める)することが新型うつの回復の鍵となります。時に苦しさから逃避しようとするかもしれませんが過剰に叱咤激励せずに(もちろん秩序を乱す行為においてはきちんと対処する)、相手の体調を見計らって負荷をかけないよう配慮する必要があります。「見守り」と「評価」が患者の心の支えなのです。