グループディスカッション

動向を知る

これからの動向はどのようになっていくか

新型うつとは最近クローズアップされた病気です。新型うつという病名ではなく、医療用語では非定型うつ病といいます。 うつ病特有の症状である身体の倦怠感、集中力の低下、やる気が出ないなどといった症状は同じように出ます。しかしながら仕事する時や会社に行く時だけ症状が出るのが新型うつの特色です。 現在では都会の若者、とりわけサラリーマンを中心に広がりっています。うつ病の、原因となるストレスが会社にあることが多いからです。若者のおかれた状況に大きな変化がみられない今、新型うつの患者はますます増えてくると予想されます。一方でマスコミなどの啓発により、病気として認識されている今、会社としても対策を取るようにしています。

注意すべき点はどのようなことか

新型うつは認識されてから歴史が浅いですので、会社に来ることができる状況でないにもかかわらず、趣味などを楽しんでいる姿を見て怠けていると考える人がいます。このような新型うつに対する無理解が患者さんを余計に追い詰めてしまっていることもあります。 新型うつでは、他人の言うことを必要以上に気にして攻撃的になる人もいます。 ですので、まわりにいる人は患者の状況にふりまわされることも少なくありません。 そのような新型うつに対しては、産業医の方に協力してもらうなどして、場合によっては休職や異動などの措置を取る必要があります。 新型うつは、素人が判断せずにしっかりと専門家の意見を聞いてから判断していく必要があります。